ふるさと支援財団どらこねいる

09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>11
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 08:00:00 «Edit»
2008
12/05
Fri
Category:妄想周期表

妄想原子番号1 水素 


【解説】
爆弾気球・・・第二次大戦中、日本軍が作成したと言われているもの。
        和紙で作った気球に水素ガスを詰めて爆弾を飛ばしたそうな・・・。
        お手製感漂う兵器、きっと女工さんがせっせとつくってたんだなと妄想。
        
ヒンデンブルク号・・・昔の飛行船は当初水素ガスを使って飛ばしていました。
            水素は軽いからね・・・大きいものを飛ばすには最適ですが・・・。
            酸素と反応して水が発生します・・・爆発を伴って。
            その有名な事故がヒンデンブルク号の爆発事故です。
            ↓動画はこちら・・・ショックで忘れられない動画のひとつです。
            http://jp.youtube.com/watch?v=YDU2MWJwJDc

3つのH・・・水素はね、実は何種類か重さの違うものあります。同位体といいますが、
       左から軽水素、重水素、三重水素といいます。
       違いは中性子の違いとか・・・原子に頑張って中性子とかヘリウムをぶつければ
       ごっつい同位体ができるらしいです・・・。

[H+]=1×10-7mol/l・・・これは水素イオン濃度(指数)でいうと中性ですね・・・。pH7はです。
               これより小さいと酸性、大きいとアルカリ性です。
               強酸と弱酸で電離度が違うから計算がめんどくさかったのを思い出します。
               ちなみにpHの読み方を 「ペー・ハー」 か 「ピー・エイチ」と読むかで
               年代が分かれるそうです・・・私は「ペー・ハー」派です。

水素のボンベ・・・液体水素が入っているボンベは外装が赤く塗られています。
           外観から一発で分かる親切設計。文字が消えても安心。
          炭酸ガスは緑で酸素は黒、なんかの規格で決まってるらしいです。
           このボンベって何でできているんだろう・・・水素脆化しない素材なのかな・・・?

H2Aロケット・・・日本が誇る、種子島から観測衛星と水素と酸素とみんなの夢を乗せて飛びます。
          重力加速度は赤道に近いほど低くなるから・・・日本だと南のほうで飛ばします。
          私が学生の頃に事故を起こした気体は、溶接(はんだかシール?)
          が悪かった、ちゃんと拡散結合していないから事故を起こしたんだろう・・・
          と教授がねちねちと語ってたのもいい思い出。

H管の片方・・・中学の理科の授業で使うアレのこと。
         電極をくっつけて水から水素と酸素を発生させます。
         二倍の量のほうが水素だ・・・!そしてこれは電気分解だ・・・!と教わります。
         そしてたまった水素にマッチを近づけて「ポンッ」と音がして爆発・・・
         試験管の周りに水が・・・!?とかお約束。  
スポンサーサイト
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。